個別指導塾の講師が教える中学受験のための国語

個別指導塾の講師が生徒達に教えなければならないのは、一般の中学校の国語の授業のようなものではなく、中学受験のための国語です。限られた時間で、どのようにして中学受験の国語の点数を上げていくかということが重視されます。
そのために特別なカリキュラムが組まれています。

中学受験をするのに個別指導塾に通ってくるのは、中学校の授業についていけてない感じの子供達なので、何を勉強したらいいのかわからない子供です。
個別指導塾の講師は、そのような生徒に対して、漢字を教えたり、長文読解問題を理解するポイントなどを教えていきます。
そもそも学習意欲のある子供であれば、小学校の成績はそれほど悪いものではないはずです。その子供が勉強嫌いである可能性もありますから、まず、授業に集中できるように楽しく学ぶことができる環境づくりをすることが必要になります。

中学受験のための国語を教える個別指導塾では、受験テクニックを持った講師のいるところを選ぶことが重要です。ただし、お金を出して個別指導塾に通わせている親の立場としたら、学校の成績が上がることも目標だと思うので、普段の国語の成績が良くなり、かつ中学受験に受かることが目標となるでしょう。